少しの活動を足すことで健康に

年齢問わずに健康に生活できる環境は大事ですが、そのために各自治体では色々な取り組みを始めています。その中で日本の3大都市の一つ愛知県では、あらゆる年代の健康増進を目標にあいち健康チャレンジを開始したのです。あいち健康チャレンジはどんな取り組みなのかというと、食べて元気にもう1皿野菜をそして動いて元気にもう10分を目標に自身の生活にもう一つの要素を加えることで健康増進を図ろうとするのがテーマになります。どんな形で行われているのかというと、運動については愛知県には愛知医科大や藤田大学など病院と連動した大学や愛知学院のように運動の効果を研究している大学が沢山あるのです。これらの大学と連動して、年齢性別に合わせた運動だけでなくテーマにある動いて元気にもう10分を念頭に短い時間でも効果があるような運動を提言します。そして食べて元気にもう1皿野菜のテーマを達成するために、愛知県はトヨタ自動車があるので工業の町と思われますが実は農業部門も全国トップクラスの産業になっているのです。その産業になっていることを生かして、農協が公募を出して一般の人々から野菜メニューを広める活動をしています。さらにヤフーと提携している料理サイトクックパッドとも連動して、全国の方々にも参考になる野菜メニューを掲載しているのです。これ以外にも名古屋の名所を巡るウォーキングイベントや自治体でマラソン大会を開催しており、始まったばかりのあいち健康チャレンジは着々と成果を上げています。

詳細を読む