HOME>福祉会館で老後を満喫>福祉会館で老後を満喫

健康相談から入浴まで幅広く利用可能

市内に住む60才以上の人を対象に、愛知県の名古屋市では市内各所にシニアライフをサポートする福祉会館を設けています。ここでは健康に関する相談が受け付けられているのをはじめ、趣味や教養講座なども色々用意されているのが特徴です。このため、今までに挑戦したことがない趣味を発見できるなど、楽しく利用できる集いの場となっています。そのほかにも機能回復訓練や各種レクリエーションが提供されており、館内の入浴場ではお風呂も満喫できるのが嬉しいポイントです。講座などに参加する場合、教材費や材料費だけ別途必要ですが、福祉会館の利用は無料となっています。初めて利用する際は免許証や健康保険証など、生年月日と住所も確認できる身分証をご持参のうえ、住んでいる区の福祉会館へ行き、利用証を交付してもらえばOKです。利用証の発行も無料となっており、これがあれば市内にある全ての福祉会館を使えます。ただし有効期限は1年間なので、毎年誕生月になりましたら更新手続きが必要です。また、会館の利用対象者は個人のほか、老人クラブといった団体でも使用できるようになっています。各福祉会館では同好会や自主クラブなども揃っているため、仲間づくりをしたい場合にもピッタリです。そして名古屋市では、概ね60才以上の会員がおよそ30人以上いる小地域単位の老人クラブを対象に、ひと月あたり数千円の運営費を助成するサービスが提供されています。問い合わせ先は住んでいる区内の福祉課福祉係ですので、必要に応じて連絡してみましょう。

詳細を読む